愛媛・松山にある完全手作業でポキポキしない安心・安全の整体院     お問い合わせ・予約  089−958−7283
腰痛・膝痛・肩こり等さまざま痛みでお困りの方!気軽にお電話ください。

 ホーム

 体にe〜話



























 営業時間
 
AM10:00〜PM10:00
 定休日 
不定休
 住所
 〒790−0944
 愛媛県松山市古川西
 2−15−30 

 (スーパーサニーマートの
 近くになります。)
 TEL
 
089−958−7283








姿勢のお話

人間の脊柱は頚椎から腰椎まで24個の分節が椎間板というクッションを挟んで重なっています。このうち頚椎は7個、胸椎は12個、腰椎が5個の構成となっています。そして、その下に仙骨という土台になるものが存在します。ちなみに仙骨は骨盤の一部です。頚椎は可動性に富み、回旋・屈曲・伸展・側展ができます。胸椎は肋骨が邪魔をして伸展・屈曲の前後運動は出来ませんが回旋にはすぐれています。腰椎は下にいくほど伸展・屈曲の可動域が大きいですが頭を含めた体重がのしかかってくるところなので大きな負担を強いられるところなのです。

この脊柱には生理的湾曲というものがあって体の前後を波打つようにカーブがかかっているのです。頚椎のところで前にカーブがかかり、胸椎のところでは後ろにカーブがかかり腰椎では前にカーブがかかります。このカーブが日頃の癖などによってきつかったり緩かったり,ズレを生じる事によって人間の体はいろんな不調を訴えるるようになります。姿勢を考える時にもこの生理的湾曲が自然な状態でいられる事が大事で自然な状態でいられると極めてその周辺の筋肉への負担が少なくコリや筋肉疲労の解消に繋がります。

生理的湾曲を自然な状態にするためには日頃の姿勢を正すこと、座り方などで悪い癖をなくす事が大切と思われます。

正しい姿勢とは立ってる状態で
耳→肩→大転子(太腿の骨の最上部)→膝→踝のやや前(土踏まずぐらいのところ)
が立てに一直線になってる状態です。

では、この正しい姿勢の作り方ですが

@まず肛門をキュッと引き締めます。

Aその次に腰椎の前腕を防ぐために下腹を引っ込めます。

Bその状態で自分があやつり人形にでもなったように頭に付いた紐に引っ張られる  ように頭の角度を変えず上に引き上げていきます。

Cそして肩の力をスッと抜いてください。

以上で正しいし姿勢の出来上がりです。

これはなかなか自分では見る事は出来ないので誰かとペアになって確認されるといいでしょうね。

猫背の方には背中や肩首に緊張ある方がほとんどですがそれは姿勢の崩れからくる筋肉の緊張が原因である事が多いのです。骨盤が後傾し(お尻がたれるような状態)背中が丸くなり肩が前に突出します。また前後のバランスを取るために頭は若干前方へ出ます。
生理的湾曲の崩れから筋肉の緊張をよんでいますがそれによって頭の位置や肩の位置のズレがより筋肉に緊張をよんでいるのです。
頭はボーリングの玉ほどの重さがあると言われていますがその重い頭を背骨の上に乗せてるから比較的筋肉への負担が軽くてすんでいるのですが猫背のように頭が背骨の上にのっからない人は首の筋肉で頭を吊り上げているために首周辺の筋肉が異常に緊張した状態が続いてしますのです。パソコン作業の長い方もしかりですね。首を前に突き出したりしていると同じような筋肉の負担に繋がります。
普段それほど体に無理をさせてないって思っている人でもいつもしている姿勢が体にはかなり負担になっている事って多いのです。少し自分のとってる姿勢にも気を配り体に無理をさせてないかをみてみるのも体の疲れを取る上で大事だと思います。




癖について
肩こりや腰痛などの痛みの原因の多くに生活習慣からものが多く含まれています。物事にはそうなる原因を探りそれを取り除かないとその苦しみから逃れる事はありません。全てが生活習慣から来るというわけではありませんがそれらを改善することはそれらによってもたされる痛みを軽減するには大切な事なのです。
人それぞれいろんな癖を持っています。

まずは自分で自分の行動パターンなどを考えてみてください!
思い当たる節はありましたか?
それはあくまで自分で気付いている部分だけなのです。
意外と気付いてない事も多くあります。
なので一度周りの人の協力を得て、自分の癖を客観的に見てもらう事も大事だと思います。そうすると自分でも知らなかった自分の癖を発見できます。
その中には自分が抱えている痛みの原因になる癖もあるかもしれません。


家事や仕事上のどうしてもしてしまう事
中腰での作業。
パソコンの画面の位置が悪くきちんとした姿勢がとれてない。
腕や指を多く使う。
立ちっぱなしでいる。
うつむいてる時間が長い
長時間の車の運転など

普段の生活でしている事
横座り、アヒル座り(女の子座り)、あぐらをかくなどの座り方。
脚をよく組む
うつ伏せ寝、横寝などの寝方
よくソファーに腰を掛けるなど

日常の生活パターン
通勤でバス・電車に立ちっぱなし
睡眠不足
偏食や不規則な食事時間
ストレスを溜め込むなど


普段の生活でしている事や日常の生活パターンなどはやめれる事も多いのですが、家事や仕事上でする事はやめるわけにはいけませんよね。
だから、そういう時はその負担を軽減するべくストレッチなどで予防していく事が大事なのです。
長時間同じ動作の繰り返しは体に与える負担はかなりのものです。できるようであればこまめに休憩を入れるようにする!それだけでも体の負担はかなり軽減できるものです。
このように原因を追究しそれらを取り除く、またそれが出来ない場合はそれらに対してケアをしていく事が痛みの改善に繋がるのです。
いくらいろいろな治療院に行っても体が悪くなる原因を取り除かない限りはいつまでたってもその痛みとのお付き合いから断ち切れないでしょう。






頭痛について
来院の方の多くに頭痛に悩まされている人がいます。
すごく厄介なこの頭痛。
来院の方の中には「頭の中を掻きむしりたい」とか「頭の中を取り換えたい」などと仰られる事を多々耳にします。現実には無理なのですが…
そのぐらいお辛い思いをされているという事なのです。
その頭痛についてですが来院の方に問診をするとほとんどの方が「偏頭痛」だと言われる事が多いのです。
実は頭痛というのは分類化されていて頭がズキズキ痛むから偏頭痛だとか片側だけが痛むから偏頭痛だという訳でもないのです。
そして、頭痛の種類によっても対処法も違いますのでここでは少し頭痛の知識についてお話をさせてもらいます。


頭痛の分類

一次性と二次性の頭痛

一次性頭痛は主に
1偏頭痛2緊張型頭痛3群発頭痛4その他に分類されます。
これらは整体院などでも施術可能な症状です。
二次性頭痛は一次性とは違い整体ではほぼ施術不可能な種類で病院でMRIなどで検査してもらう必要性のあるものが多いのです。脳血管の問題とか。
なので今まで頭痛に悩まされている人はほぼ一次性といってもいいと思いますので整体院などで診てもらう事もお勧めしますが今までとは違うとかその他の体調の変化もあったりする人、今まで頭痛の経験もなくもしかしたらと思われる方はまずは病院に行く事をお勧めします。そして、検査の結果、二次性ではないようでしたら整体院などで診てもらうようにすればいいと思います。
ここでは一次性頭痛について詳しく分類していきます。

@偏頭痛
心臓の鼓動に合わせるように、ズッキンズッキンと痛むのが「偏頭痛」とよばれる頭痛の痛みの特徴です。偏頭痛は男性よりも女性に多い頭痛です。
偏頭痛は、痛みが起こる数時間前〜数日前にイライラ、生あくびなどが出る方もいます。「あ〜・・・また頭痛が来るなぁ・・」とわかることもあります。これは「予兆」とよばれるものです。なかには、頭痛が起こる前に目の前にキザギザした光る線がみえたり、
視野が半分見えなくなったりぼやけたりします。これは「前兆」とよばれ、偏頭痛持ちの方の約1割の方に見られます。
この偏頭痛は、身体を動かすと余計に痛みが増します。
しかも、ひどいと吐いてしまうほど。そのため、仕事を休んだり、家事すらもままならないので日常生活に支障をきたすほどです。暗い静かなところで安静にして眠ると楽になることもありますが、朝起きたとたんに偏頭痛が始まることもあります。

A緊張型頭痛
我が国日本は、肩こりが多い国とも言われています。
緊張型頭痛とはずばり、肩こりの方に多い頭痛なのです。
肩、首の筋肉が緊張することによって、頭痛がおこってしまうというわけです。「頭痛持ち」と言われている方のおよそ8割が、この「緊張型頭痛」なんです。
そして女性に多い頭痛でもあります。緊張型頭痛とは、頭をぎゅ〜っとしめつけられているような痛みで、ズーンとなにかが重くのしかかってるような痛み、とでも言いましょうか。いつ始まったのかもわからないまま、気づくとすでに頭痛が起こっていて
その痛みがダラダラ毎日続く、そんな頭痛でもあります。

B群発頭痛
「群発頭痛」は、断然男性に多い頭痛です。特徴的なのは、「ある一定期間だけ、ほぼ毎日激しい頭痛が続く」ということ。1年に1度の方もいれば、3,4年に1度というケースもあります。「ある一定期間だけ、ほぼ毎日激しい頭痛が続く」なんて聞くだけでも本当に痛々しいですよね。「眼球をえぐられるような痛み」といわれるくらいで別名は「自殺頭痛」と呼ばれます。痛みの出る場所は、目の奥で自覚することが多いですね。「えぐられるような痛み」というのは、このことからもわかります。


偏頭痛と緊張型頭痛

頭痛で悩まされている方のほとんどがこの偏頭痛と緊張型頭痛で群発頭痛は極めて稀な頭痛の為、今回はこの2つの頭痛について詳しく書いていきます。
実はこの偏頭痛と緊張型頭痛は原因が全く逆の作用から起きているのです。
偏頭痛は血管の拡張によって三叉神経を刺激することから起きる頭痛です。緊張型頭痛はその逆で肩こりとかによって血管を縮小させることによって起きる頭痛なのです。だから解消法も異なってくるんですよね。
一番分かり安い例を出しますとお風呂に入る事です。
肩こりなどで縮小した血管をお風呂に入る事によって温めて血流を良くして血管を拡張してあげると肩こり解消とともに頭痛解消になる事があります。この場合は緊張型の頭痛が解消されたと思われます。
逆に偏頭痛の場合は血管が拡張して起きる頭痛なのでお風呂に入ってより血流を良くして血管を拡張すると痛みが増すのです。
これだけで判断するべきではありませんがお風呂に入って頭痛が増せば偏頭痛の可能性が高く頭痛が解消されれば緊張型の頭痛といえるでしょう。

また厄介な事にこの偏頭痛と緊張型の両方を持っている方もいます。
逆の作用を持つ偏頭痛と緊張型頭痛を持っている方もいます。
そのせいもあって非常に単純に貴方は緊張型ねとか偏頭痛とか言えないんですよね。しっかりと自分のタイプが知りたい人は近所の内科ではなく頭痛専門外来のある病院に行く事をお勧めします。整体ではまたそれぞれに独特の考え方や施術法がありますので自分にあったところを探される事をお勧めします。
ただ偏頭痛と緊張型頭痛と両方一緒に併発する事はなくどちらかが強く出る傾向にありますから今の症状をしっかり把握し治療する事が大事になります。
日頃から両方のケアをする事でどちらもの頭痛を起きにくくすると頭痛に悩まされにくくなります。


原因と予防

偏頭痛
[原因]
血管が拡張して周囲の神経が引っ張られて痛みが起きます。なぜ血管が拡張するのか解明されていませんが、次のようなことが誘引と言われています。(個人差があります)
 ・睡眠不足など生活リズムの乱れ
 ・緊張状態から開放されてホッとしたとき
 ・雑踏、人が多い場所に行った
 ・熱いお風呂、サウナに入った
 ・女性場合生理(女性ホルモンの影響)
 ・アルコールや特定の食品を食べた
 ・休日のぐうたら・寝すぎ(過度のリラックス)
など、いずれも誘引から自律神経に影響して、血管の収縮・拡張のリズムが乱れて頭痛が起きると言われています。
[予防]
 ・自分の痛みを誘う誘因を避ける
 ・規則正しい生活をして自律神経の働きを整える
 ・痛くなりそうな時に冷やして安静にする
[痛くなったら]
 ・暗い静かな部屋で安静にする(光、音は避ける)
 ・こめかみや痛む部分を冷やす
 ・こめかみや痛む部分の血管を圧迫する

緊張型頭痛
[原因]
 ・日ごろの姿勢の悪さ
 ・頚椎、胸椎、骨盤などの骨格・体型の歪み
 ・首や肩のコリや緊張
 ・目の疲れ、歯の噛み合わせ
 ・ストレスや精神的な緊張
[予防]
 ・原因となる筋肉の緊張を解消すること、起こさせないようにすること
 ・骨格・体型の歪みを改善する
 ・姿勢を正しくする
 ・枕を正しく選ぶ
 ・ストレスをコントロールする
[痛くなったら]
 ・入浴や、こっている部分をホットパックなどで温める
 ・マッサージや、ストレッチでこりをほぐす


ストレスと頭痛
身体的なストレスつまり姿勢が悪かったりして肩・首を凝らして頭痛になるというのは理解されているところですが精神的なストレスを受けている時も肩や首が凝りその影響で緊張型頭痛を引き起こす事もあるのです。そんなに肩こるような事もしてないのに頭痛に悩まされるって方はストレスが影響している事もありますのでそちらの注意も必要となってきます。
悪い事にストレスから緊張型頭痛を引き起こしその頭痛が余計にストレスを強め負のスパイラルに陥り頭痛を悪化させる人もいるのです。
偏頭痛はストレスから解放された時に起きたりもすると言われます。例えば緊張した場所、職場や学校から解放され家に帰って一息ついた時、偏頭痛が起きる人もいるのです。
偏頭痛の原因にはセロトニンの代謝異常という説もあるようです。
セロトニンは神経伝達物質でうつ病などの原因となる物質でもあります。こう考えると偏頭痛もストレスと無関係とはいえませんね。
混合型の緊張型頭痛と偏頭痛を持っている方には緊張型の頭痛が治まりホッとしてその影響で今度は偏頭痛なんて事もあるのです。本末転倒ですよね。
それらを考えると頭痛の原因にストレスが関係している人は日ごろのストレスコントロールが必要になってきます。ストレスを発散したり、心理療法やカウンセリングを受ける事も頭痛解消法の一つなのです。


頭痛といってもいろいろ種類があり、このように原因も対処法もいろいろ異なったりしますし、どこに行くべきかもそれぞれによって異なってきます。
参考にしていただきしかるべき対応をしていただければと思います。